指の体操

趣味のピアノ愛について語る超個人的なブログ

今年もベートーヴェン

田園1楽章のレッスン開始。

手が大きい人でないと厳しい、、と他の生徒さんが言ったとおり、手を8度以上全開が続く箇所が幾つかあるけど、技巧を凝らしたという感じの曲ではないので譜読み自体はすごく苦労はしていない。まだ何が書いてあるかを通し読みただけなので、アーティキュレーションなど細かいところをこれから詰めていく(最初からしてこいとよく怒られる・・・)。

一方、単調になりがちという一面があるということでもあるので、どう飽きさせずに聴いてもらえるかを考える必要あり。

参考までに著名なピアニストの演奏を幾つか聴いてみた。教科書的と思われる重厚な演奏だと機械的な響きに聞こえて聴き続けるのは若干苦しく、Barenboimの演奏が個人的には好きだなと思った。色彩豊かで軽やかな響きとドラマが共存していて、ドイツの田園風景と、作曲当時、聴力を失いつつあったベートヴェンの感情の揺れに思いを馳せたくなる。今みたいな新緑の季節に散歩しながらずっと聴いていたい感じ。

他、Goodeも良かったし、この曲そのものは見つからなかったけれど、Guldaもたぶん好き。Guldaは不思議な帽子?の写真が検索でヒットするので最初はおぉ??と思ったが、月光1楽章の演奏をyoutubeで聴いて、ズシンという重力感が少な目ながら、深みのある音にすいっと引き込まれた。ポップな帽子のいで立ちとはだいぶギャップがある気がする(巨匠に対して失礼;;)。今は全集の輸入盤が安く手に入るので、早速注文しようかな。

他の曲ならまた好みも変わるかも?だけれど、多分個人的に重厚な音で古典然としたアプローチより、生き生きとしてベートーヴェン本人の感情の振れ幅をその場で見ているような演奏のほうが好きなのだと思う。

で、話は戻って田園。田園という通称は作曲者本人ではなく出版社が後からつけたらしいが、曲の性格を良くとらえているから定着したのだろう、とWikipediaに書いた人に賛成。ちょこちょことさらいながら、要所要所の和音とか主題が変わるところでのp(ピアノ)とか、やっぱり好きだわ~と感動。全楽章は時間的に厳しいと思うけど、終楽章はいつか弾いてみたい。

Beethoven: Piano Sonata No. 1-32, Piano Concertos No. 1-5

シーモアさんと、大人のための人生入門

前々からこの映画気になっていて、子供がいるので劇場には見に行けなかったけどDVDになったので近々注文するつもり。

テクニック論だけでない、人生についての話を色々聴いてみたい。

シーモアさんと、大人のための人生入門 [DVD]

何事も前向きに?

どこに行っても必ず誰か弾いてて被るし、適当なレベルと長さで弾きたい曲が思いつかないし、先生は積極的に勧めないし、、で最近遠ざかっているショパン。人の演奏を聴くのは大好きだけど。

 
それでもブレずに王道を貫く性格ではないので、なら私はいいや、とさっさと降りて毎度違う作曲家を選んでる。
 
いつか弾いてみたい曲なら色々ある。バラードとかソナタとか あと協奏曲を弾いてるとこを妄想するのも好き(笑)あくまで妄想だけだけど。
 
もう一つ、舟歌も。幸せな旋律で聴いてるとイタリアの青い空が頭に浮かぶ。実はこれを以前の発表会の曲に恐れ多くも提案してみたが、ショパンの中でも内容的に最高峰だから厳しいね〜と却下。
 
あとのお楽しみにとっておきなさいとのこと。
 
ん?じゃ、何年後かには弾いてもいいかな⁉︎と前向きに捉えてみる。ま、望むだけならタダだしね。うん、何事も前向きに。
広告を非表示にする

次に向けて

ラヴェルソナチネは2楽章までをかなり準備不足のまま弾いて先日終了。

先生から3楽章ぜんぶ仕上げるまでレッスン継続をという話があり、私も特に異論ないのでお願いした。

一方、発表会まであと半年なので、その選曲も必要で話し合い。
昨年に続けてベートーヴェンは?と聞いたところそれ自体はOK。
先生としては前期の曲を弾いてほしい雰囲気だったけど、数年来却下され続けている田園(1楽章)を蒸し返してみた。

私の先生は作曲家ごとにこの順番で練習すべきという考えをもっているので、技術的な面はともかく、田園は音楽的に高レベルだからと毎回スルーの憂き目に遭ってきたけど、今回は渋々OKが出た。おーー。。たまにはゴリ押しもしてみるものだ。

最近たまたま先生の師匠と話す機会があったらしく、生徒の発表会の希望が自由すぎるという話をしたところ、弾かせてあげればいいじゃないのと逆に言われたそうで。

どちらがどうという意見をするほどの技量もないけれど、どちらの考え方もありかなと個人的には。。。。音大受験やコンクール準備なら勉強する順番は重要になってくるかもしれないけれど、上達を目指しているとはいえアマチュアとして楽しんで弾いていこうと思っている向きには窮屈なときもある。

どうしても弾いてみたい曲があって、まったく形にならなさそうな訳でもなく、どうにか曲にはなりそう、、、くらいならまずトライしてみれば自分なりの気づきも出てきて、準備期間と今のスキルから次はもう少しstep backしてみようかとか次の段階へスキルアップするための現実的な努力とか、冷静な判断もできるようになると思う(私自身はそうだった)。

多分先生からすると無理な曲を選んだためにスキルアップに繋がらない不毛な努力になることを心配しているのかもしれないけれど、ちょっとの背伸びくらいは許してもらえると嬉しいかも。。。。

広告を非表示にする

ちょい小休止。

脳内練習は継続中。

だけど、最近の寒さも手伝って、平日は子供を寝かしつけたらそのまま爆睡。

夫は帰ってきても気を遣って起こさない(汗。

ありがたく思いつつもあー今日も練習できなかった、、と焦る日もあるけど、
睡眠だけはたっぷりとっているのでお肌の調子が良くなってきた(笑。

一応4月に人前で弾く予定があり、それに向けてラヴェルソナチネを練習中。
恐らく直前1カ月の突貫工事で帳尻合わせになると思うけど、
2楽章まではどうにかなりそう・・???いや、する 予定。

初・ラヴェル。先生のお気に入り。オサレな和音が素敵なんだって。
確かにドイツの作曲家とは違うフワっと感がある。

フワっともいいけど、個人的にはもうちょいドラマチックなのも好きだな~と思う。。
食わず嫌いはしないであと少し取り組んでみるつもり。

広告を非表示にする

意識すれば

先日本番が終了。

結局子供の病気オンパレードは収まらず、自分も病気にかかり、1楽章を仕上げるだけで精一杯な感じだった。。

 

当日場慣れからくる緊張感の無さと、あまりの準備不足に半分諦めの境地で開き直って臨んだ演奏ではあったけど、何故か周りには好評。母になったら演奏も変わったねと言われたり。自分では分からん。。ベートーヴェンが向いてると言う人まで現れた。結構必死だったけどね。。と内心冷や汗。まあよしとしますか。

 

レッスン中のフィードバックで一つメモ。苦手意識のあるパッセージが怖くて早くなりがち 結果指が転ぶという悪循環だったところを『意識すれば直る』と言われて助かったことがあった。

どうしても苦手→できないのが嫌→早く過ぎてくれ(汗)という思考回路になりがちなのだが、問題に向き合えば解決する、ということだろうか?

 

即座にスラスラ弾けるようになったわけではないけど、本番の空中分解や交通事故防止には一役買ったと思う。

広告を非表示にする

時間が足りていない

テレーゼ、早めに練習始めたはいいが、予想通りというかそれ以上。。

子供が保育園から次々貰ってくる風邪や胃腸炎で大人達が順番に倒れ、子守の手が足りなくなるとクタクタでピアノに向かう気が起きず。

 

特にここ数週間の夏風邪はひどかった。ピークの時は耳の聞こえが悪くなったり、味覚がおかしくなったり。医者通いしているけど、まだ咳と鼻水が取れない。そして現在夫がダウン中(汗

 

途中、2楽章まで行けそう⁈という楽観論があったけど、そんなものは夏風邪で吹っ飛んだ(笑)兎に角身体を治さないと。

 

まず9月の本番は1楽章を手堅く仕上げ、秋の本番には2楽章までがんばる。。諦めずにねばちっこく。