指の体操

趣味のピアノ愛について語る超個人的なブログ

ぼちぼち順行モード

さて、ベートーヴェン ソナタ3番の1楽章。

書くことができたということは少しはまじめに練習を始めたということであります笑

レッスンはお盆で休み、次回のレッスンの直前に慌てて練習したのでは秋の本番にそろそろ間に合いません。

3番、本当の初期に作曲されたものとのこと、まだベートーヴェンも若くてイケイケだった(?)頃の作品ですね。全体にキラキラパワー漲る曲ですが、私のパワー不足によりそれを表現するにはまだ至っておらず。残念。

一通り譜読みは終え、ゆっくり弾きでひたすら指慣らし。オクターブの分散の連続、アルペジオ、見せ場がすべてモヤモヤ聞こえる。気持ち悪い。うまく力が抜けていなくて腕に疲労が溜まってしまう。要研究。。

左右同時にトリルのところも毎度先生に非難されながら(笑)ごまかしごまかし練習してきたけどこれもお盆休み中に少しやらなければ。。

一応、半分ぐらいはちゃんとできるようにはなったんですよ。しかし、先生 もはやこの部分に入る直前から毎度ダメ出しする気満々で構えていて、たまたま正しく弾けてしまったとき、うーんまぁいいけど!?。と不満そう。え。弾けたんだからいいじゃん、とこっちもずっこけそうになる。まぁ聞かされるほうは安定してないと心臓に悪いよね。ハハハ;;

こうして毎度新しい曲を弾くときは壁にぶち当たっていると思うけど、練習に疲れたときに過去弾いた曲に戻ってみると、過去の曲は以前よりスラスラ弾けるようになっていて、まったく進歩してないわけじゃないんだ、と少し自信を取り戻すことができる。押してもダメなら引いてみな、とでも。。言うのかな??(違)

好きな作曲家なので、弾きにくかろうが何だろうが向き合い続けるのですが、形になっていなくてもこの曲、ガンガンffのところが多いのでストレス発散にはなります。ただそういう雑念が入ると演奏は荒れるので、、人が聴くに堪える演奏、がとりあえずの目標。

といいながら疲れたときのサブに、と米津玄師の『海の幽霊』ピアノピースをポチろうとしています。。ギラギラ夏空の通勤のお供に最高の清涼感です。

時間差でブーム

ベートーヴェン3番はようやく本腰を入れ始め、己の体力との闘いで苦戦中です。。

さて、ピアノから話が逸れますがクラシック以外の音楽の話です。

私はクラシックどっぷりの純粋培養ではなく様々な音楽を聴いて育ってきたので、たまに流行りの歌はチェックしていて、いま世の中からはウン十周回遅れぐらいで米津玄師のLemonにはまり中。

子供が保育園で覚えてきたパプリカのご本人バージョンのニュースを見て、ふとLemon。。と思い出したのがきっかけ。移動中にもyoutubeヘビーローテーションしているくらいなので、今の気持ちだけ残そうと思い書いています 歳のせいか感動したことも綺麗さっぱり忘れたりするので 笑

去年の紅白で中継を見て、歌そのものと演出に衝撃を受け、でもその後少し距離を置いてみてました。

「世代」のファンの人から比べればもう十分すぎるくらいいい歳なので、ひたすら悲しい歌詞の曲は自分の過去のさまざまな体験と重なりすぎ、身につまされすぎで平常心を保っていられず、最後まで聴く体力気力がもたない。。そんなこんなで最近は聴いてぐったりする位なら悲しい歌からは離れていたいと思ってしまいがちなのですが、この曲はそんな私の心のハードルを軽々越えてきました。

聴く人が包み込まれるような歌という制作側のオーダーとそれに応えようとした作者の想いどおり、最後に喪失感から救われるような歌詞と、クセのある美声に耳を傾けられずにはいられない。死というワードを直接出すことなく世界観を描きだす言葉の選び方も秀逸。

フルコーラス聴いたのは紅白が初めてだったのですが、涙堪えるのが大変な歌詞、美しい美術館の映像(この歌に最後の審判をもってくるとは・・胸に迫りすぎて苦しい)、賛否両論だったらしい迫力ありすぎのダンス(只者ではないことはすぐ分かったけれど 高度すぎて、、この人は誰?)、無数のキャンドルの光、それらが頭のなかで処理しきれず軽くパニック、が直後の感想。放心状態でした。

主題歌となったドラマのこともあまりよく知らなかったので、後付けで色々調べました。人の死をテーマにした作品であること、恋愛も絡んでいること(だから「恋をしていた」のくだりが歌詞に入るのか)、など ドラマそのものは見たら気が滅入ってその後の生活にダメージ大きすぎると思いストーリーだけ読んで。

それら諸々を踏まえてもう一度映像を見て、涙が止まりませんでした。彷徨う死者の魂、愛する人を失った者の感情の爆発、鎮魂、慰め、救い 全てが数分の間で表現されていると思いました。歌番組で感動したのは初めてかもしれません。歌が素晴らしかったのは勿論ですが、制作側の本気を見た気がしました。

月並みですが「今でもあなたはわたしの光」という歌詞が一番好きです。失った人との一番輝いている記憶を自分の生きる力にできる気がします。

多分これからも聴き続けていく曲のひとつになるだろうと思います。というか、いつかこっそり一人カラオケで熱唱してみたい。

食わず嫌い or 食っても嫌い?いや好き?

ベートーヴェンには絶賛はまり中ですが、ずっと微妙な関係を続けているのは、バッハ。

中高生の時にはちょっと大人になったような気もしてうれしく、インヴェンションを楽しく弾いていたけれど、何曲かを弾いたこと以外、記憶がない(今になってみれば、恐らく先生がぜんぶは無理と判断したのでなんとなく間引いてレッスンし、フェイドアウトしたのかなと思い当たる・・・笑)。

シンフォニアはたぶん1~2曲を高校最後の頃にさらったのみ。

で、大人になってからもツェルニーなどと交代にエチュードとしてレッスン受けているけれど、中高当時の先生が優しすぎたのか、自分の加齢による衰えか、はたまた細かい先生に習い始めたからか、すっかり苦手意識が育ってしまった。

毎度いやーこりゃ大変だ(笑)など数々の教育的指導?をもはや慣れた柔道受け身のようにかわしつつ(^^: 落ちこぼれない程度に頑張ってきたけれど、今年に入ってからインヴェンションの12番を弾いたら意外にも形になったので?先生の口から今まで聞いたことがない「なんで皆シンフォニアやりたいと言わないのかしら?(遠回しに許可?)」と変化球がきた。インヴェンション12番って一応学習順としては最後のほうみたいですね。だからなのか分からないがとりあえずおすすめを受けてみることに。

やりたいと思うものでいいからとのことで、音源聴き始めたけれど、、自分が弾く前提で聴いてたらだんだん気が狂いそうになってきた。睡眠導入にはすごく効果的かもしれませんね。無伴奏チェロと似たものを感じる(ヨーヨー・マのコンサートですら気持ちよく寝た・・・)。

で、無難なのか?わからないけれど1番を選択。ゆっくり、1声ずつ分けて練習するようにとの指示で先日から練習開始。初回レッスンは指摘されまくりで全身冷や汗でレッスン終了。どっと疲れて一瞬凹んだけれど、気を取り直してちびちび練習している。

そんな感じでバッハ、すこーしずつ面白くなってきているのは事実だけれど、なにしろ「技術丸裸」の曲ばかりなので、好きかと言われると即答できない。いや、聴くのは好き。バッハ=ブゾーニシャコンヌとか(爆)。もうちょっと自分も弾けそうなレベルのものでも、睡眠・集中にはいいBGMだけどねー。

人前で弾く自信はあんまりないけれど、それでも続けるのは、他の作曲家とは脳の使いどころが違う、またそれが技術の向上につながるかもと期待しているから。どれだけ指が回らずイライラしても、しばらくは粘ってみるつもり。

 

沼にて。

沼といってもベートーヴェン沼であります。

一度手を付けたら次はこれも、あれもとなかなか抜けられず、今度の発表会もベートーヴェンほぼ決まり。しかも最初はテクニック全面押し出しの初期作品はとても自分には無理と思っていたのに、そこにも踏み込んだらだんだん面白くなってきてしまった。。

他の作曲家も検討したけれど、ぱっと思いつくものがなく、先生にヘルプを求めても今弾くのならその作曲家だとこのへん~と出してきた曲がここ何年か他の人たちが繰り返し繰り返し弾いてきた曲だったりするもので(そりゃエントリレベルは数少ないってわかっていますけど、ね)、結局ベートーヴェンに戻ってきた笑。

ソナタぜんぶで32曲、楽章単位ならばレッスンしきれないぐらいあるし、古典からロマン派へと移行する本当に過渡期を体現しているような曲調の移り変わりも個人的にはかなりツボ。一つハードル越えると少しずつご許可される曲のレベルが上がってくるのでまた楽しみになり、もはや中毒になりかけ。

子供の頃の他の人が苦労して弾いているイメージばかりが先行していたけれど、自分が歳を取ったからか、作曲家のエネルギーに当てられずに向き合う余裕が出てきたのかも。ロマン派とは違う強弱の付け方にもだいぶ慣れた。

で、発表会は3番の予定。なぜか毎度終楽章を勧めてくる先生を牽制し1楽章。(直近に同じのを他の人にレッスンしてるから嫌なのかもww でもあのダダダダダダ ダダダダダダ ダッダダッダ ダーン の連続で事故る予感しかしないので、今回は折れなかった 勝った!)1楽章が無事弾けたら終楽章も勿論弾きたいけれど、今回はちょっと笑

またその次は中期の地味なナンバーを(これは先生OK済み)。あと、いつかリベンジしたい告別1楽章と後期の個人的No.1を。。。そんな感じで個人的ベートーヴェンブームは続く。。。

抱っこが筋トレになる?

昨年後半立て続けにプライベートで色々なことが起こり、趣味を楽しむ心の余裕がなくなっていた。レッスンはやめてはいかんと思い、ルーティンとして続けていたけれど、一時期軽いうつ状態に陥り、仕事にも影響が出て。ようやく元気を取り戻してきた今日この頃。

ここまで放置するともはや個人的な記録にしかならないけれど、本日のタイトルについて自分なりの答えが見えてきたのでメモ✒

大人になってレッスン再開してから数年、前腕のホールド力の弱さを自覚していて、ここにすぐ疲労が溜まってくるために他の部分で支えようと腕全体に力が入ってカチカチになり、指の動きも悪くなるという悪循環になっているのではないか?という仮説を温めていたのだけど、最近確信に変わってきたように思う。

子供産んでピアノに触れる時間は激減したけれど、一つ良かったのは、十数キロの子供を抱っこし続けたことで前腕に筋肉がついてきたこと。支える筋肉がついてきたので、手は鍵盤に軽く乗せるだけ、ひじ~上腕~肩は怒らせずにぶら下げるだけでスムーズに指を動かすことができる。どうにか挫折せずに済んでいるのはこの抱っこ筋?のおかげ。

まぁ練習しなかったら当然その分弾けるようにはならず、まったくミラクルは起こらないのだけれど、指のもつれを取る労力はかなり減ったと思われる。やみくもに良くない弾き方で根性で反復するよりは多分、効果がある。

子供がいていつ練習しているのか?と聞かれるけれど、絶対量が減った分、効率を考えてやっているだけ。身体で覚えていた子供時代とは違うアプローチが必要なんだな、きっと。。。

発表会準備中

結局ベートーヴェンという希望は通したけど、選曲については折れて(笑)先生の勧めに従い、告別の第3楽章に決定。

最初第1楽章~~とアピールしていたものの、とっつきやすいのはこっち!!と第3楽章を提案され、若干消化不良ながら承知。

先生のいう「とっつきにくさ」というのが突然の転調だったり、調性から逸れた和音使いだったり、テンポの揺れだったりするわけなのだけど、私は正直アップテンポでがんがん進む曲のほうがとっつきにくい(苦笑)。何しろ練習時間がとりにくい生活だとテンポ上げるフェーズに到達せずに本番を迎える可能性があり、そっちのほうがリスキーだと思ってしまう。たまに他の演者で担当の先生がそのテンポでOKしちゃったのか~?!と思うような、チャレンジングな曲をスローテンポで弾く人がいるけれど、本人だけでなく聴く方も消耗してしまう。それはなるべく避けたい。。

それでも今回は、いつまでも産後のリハビリでも進歩がないのでたまには速い曲もやらないと、と思ったのと、来年以降に第1楽章を弾くための交渉材料にしたいので(笑)外堀作戦の一環として。。OKした。

で、「とっつきにくさ」について。先生の話を聞いていると音大に行き、教えるレベルの人と素人の違いかもという気もしてくる。上で書いたようなポイントを、なぜ作曲家はそのようにしたと思うか!?とレッスン中質問されて答えに詰まり、「・・・なんでですか?汗」と聞き返してよく怒られるのだが、確かにそれを逐一考えながら弾いていたら頭がパンクするし、そこまで深く考えると弾ける曲がない。あくまで趣味なので、技術向上はしたいけれど、素人の怖いもの知らずでもいいからもう少し自由に選曲したい。考え出すときりがないけど、あ、空気変わった♪ ぐらいに思ってふわふわっと弾き進めてしまう私を現実に引き戻すために必要な教育的指導ということかと。

肝心のレッスンは、まだテンポアップの許可は出ないのでひたすら通せるテンポで弾き込み、我慢の子。。

ご披露会終了

田園終楽章の本番終了。

発表会よりかは真面目に練習していなかったので、まぁそうなるわね、位の仕上がりだったと思う(汗。直前一週間くらいは夫にいま○分弾いてくるから子供見てて!!と宣言して無理くり練習していたけど。

弾き始めたらあ~そんなとこまで?みたいな音を飛ばしたりして結構まだらに間違えていたが勢いで弾き切った。。でも、この曲意外と野心的な人もそうでない人もノーマークだったようで、曲自体の評判は良かった。すごいきれい!!と皆に褒められ、先生からはほらほら綺麗と言われるなんで人生でそんなにないわよ~と辛口突っ込みを入れられ。

まだ消化不良感はあるので、引き続き個人的に練習は続けるつもり。

そして年の後半の発表会の曲がノーアイデア。引き続きベートーヴェンと先生に言ったら、希望した曲はひたすらスルーされ続けているのでもうちょっと粘ってみようかどうしようか迷っている。。。一回はまり始めるとなかなかほかの作曲家に目が行かない。一度先生に丸投げ(?)してみようか?