指の体操

趣味のピアノ愛について語る超個人的なブログ

発表会準備中

結局ベートーヴェンという希望は通したけど、選曲については折れて(笑)先生の勧めに従い、告別の第3楽章に決定。

最初第1楽章~~とアピールしていたものの、とっつきやすいのはこっち!!と第3楽章を提案され、若干消化不良ながら承知。

先生のいう「とっつきにくさ」というのが突然の転調だったり、調性から逸れた和音使いだったり、テンポの揺れだったりするわけなのだけど、私は正直アップテンポでがんがん進む曲のほうがとっつきにくい(苦笑)。何しろ練習時間がとりにくい生活だとテンポ上げるフェーズに到達せずに本番を迎える可能性があり、そっちのほうがリスキーだと思ってしまう。たまに他の演者で担当の先生がそのテンポでOKしちゃったのか~?!と思うような、チャレンジングな曲をスローテンポで弾く人がいるけれど、本人だけでなく聴く方も消耗してしまう。それはなるべく避けたい。。

それでも今回は、いつまでも産後のリハビリでも進歩がないのでたまには速い曲もやらないと、と思ったのと、来年以降に第1楽章を弾くための交渉材料にしたいので(笑)外堀作戦の一環として。。OKした。

で、「とっつきにくさ」について。先生の話を聞いていると音大に行き、教えるレベルの人と素人の違いかもという気もしてくる。上で書いたようなポイントを、なぜ作曲家はそのようにしたと思うか!?とレッスン中質問されて答えに詰まり、「・・・なんでですか?汗」と聞き返してよく怒られるのだが、確かにそれを逐一考えながら弾いていたら頭がパンクするし、そこまで深く考えると弾ける曲がない。あくまで趣味なので、技術向上はしたいけれど、素人の怖いもの知らずでもいいからもう少し自由に選曲したい。考え出すときりがないけど、あ、空気変わった♪ ぐらいに思ってふわふわっと弾き進めてしまう私を現実に引き戻すために必要な教育的指導ということかと。

肝心のレッスンは、まだテンポアップの許可は出ないのでひたすら通せるテンポで弾き込み、我慢の子。。

ご披露会終了

田園終楽章の本番終了。

発表会よりかは真面目に練習していなかったので、まぁそうなるわね、位の仕上がりだったと思う(汗。直前一週間くらいは夫にいま○分弾いてくるから子供見てて!!と宣言して無理くり練習していたけど。

弾き始めたらあ~そんなとこまで?みたいな音を飛ばしたりして結構まだらに間違えていたが勢いで弾き切った。。でも、この曲意外と野心的な人もそうでない人もノーマークだったようで、曲自体の評判は良かった。すごいきれい!!と皆に褒められ、先生からはほらほら綺麗と言われるなんで人生でそんなにないわよ~と辛口突っ込みを入れられ。

まだ消化不良感はあるので、引き続き個人的に練習は続けるつもり。

そして年の後半の発表会の曲がノーアイデア。引き続きベートーヴェンと先生に言ったら、希望した曲はひたすらスルーされ続けているのでもうちょっと粘ってみようかどうしようか迷っている。。。一回はまり始めるとなかなかほかの作曲家に目が行かない。一度先生に丸投げ(?)してみようか?

田園の続き など

春のプチご披露会に向けて田園の終楽章レッスン中。

平日は教わったことを頭の中で反芻するだけになるのだけど、何も考えずにあー練習時間が〜と思い悩むだけよりかは効果があるらしく、ラストスパートで頑張ればどうにか形を成す位にはなってきた(と言うと毎度先生はご立腹だけど)。

1日練習を休むと戻すのに3日かかるとはよく言うけれど、そもそも週に数回しかピアノ触らない生活だと、衰える速度も遅くなるのか?と勝手に不真面目な想像w。

あと、生ピアノをゲットしたことにより、脱力の仕方は目に見えて改善したと思われる。多分、鍵盤をどう操作して、どういう音を出すか?という視点ができてきたのだと思う。

子供ができて、レッスン続けられるのか最初は不安だったけれど、やってみるとどうにかなるのかもと最近は気楽に考えている。勿論玄人はだしの人が完璧に、、というのは子供との生活優先の中では多分厳しく、今できる範囲内で、続けようとする気持ちさえあればという意味で。

選曲も、以前は自分のレベルからは野心的かもと思うものを選んできたけれど、敢えてで若干ペースダウンする期間と割り切ってる。そのほうが演奏の完成度は上がるし達成感も得られる。レッスンで注意されたポイント、弾きにくい箇所は根性で弾き切る(!?)的な練習はせずに、限られた楽器を触る時間内で指を正しく動かすことに集中すると結構いい感じかもと思っている。

とはいえ仕事リタイヤする頃ぐらいにはショパン舟歌とかベートーヴェンの後期ソナタとか弾ければという野望はひっそり温めている。。。

じゃ、やっていいわよ

田園1楽章、本番終了。

1ヶ月を切るまで暗譜ができず不穏な空気だったけれど、子供と寝てしまい練習できない平日は通勤電車でプロの演奏を聴きながら脳内練習に励んだ⁈ のが功を奏したのか、大事故は起こさずに終えることができた。珍しく先生にも褒められた。

で、本番直後のレッスンでは次のメインの曲と練習曲の話し合い。そのまま田園の終楽章を続けて弾くことにして、練習曲をどうするかという話になり、今迄何やってたんだっけ?ツェルニー40番2周目(1周目は遥か昔高校時代)の途中、インベンションもやり直し2周目で途中、と答えたところ、ツェルニーじゃなくてクラーマーでいいわよ、インベンションは続きで。と。

◯年前にレッスン再開した当初は意気込んでクラーマー=ビューローを持っていったら反対されたものだが、ちょっとは進歩したと思われたのだろうか。塩漬けにならずに日の目を見る日が来るとは些か拍子抜け。漸く中断前位に戻してきたようだ。前向きに取り組んでみよう。。

 

今年もベートーヴェン

田園1楽章のレッスン開始。

手が大きい人でないと厳しい、、と他の生徒さんが言ったとおり、手を8度以上全開が続く箇所が幾つかあるけど、技巧を凝らしたという感じの曲ではないので譜読み自体はすごく苦労はしていない。まだ何が書いてあるかを通し読みただけなので、アーティキュレーションなど細かいところをこれから詰めていく(最初からしてこいとよく怒られる・・・)。

一方、単調になりがちという一面があるということでもあるので、どう飽きさせずに聴いてもらえるかを考える必要あり。

参考までに著名なピアニストの演奏を幾つか聴いてみた。教科書的と思われる重厚な演奏だと機械的な響きに聞こえて聴き続けるのは若干苦しく、Barenboimの演奏が個人的には好きだなと思った。色彩豊かで軽やかな響きとドラマが共存していて、ドイツの田園風景と、作曲当時、聴力を失いつつあったベートヴェンの感情の揺れに思いを馳せたくなる。今みたいな新緑の季節に散歩しながらずっと聴いていたい感じ。

他、Goodeも良かったし、この曲そのものは見つからなかったけれど、Guldaもたぶん好き。Guldaは不思議な帽子?の写真が検索でヒットするので最初はおぉ??と思ったが、月光1楽章の演奏をyoutubeで聴いて、ズシンという重力感が少な目ながら、深みのある音にすいっと引き込まれた。ポップな帽子のいで立ちとはだいぶギャップがある気がする(巨匠に対して失礼;;)。今は全集の輸入盤が安く手に入るので、早速注文しようかな。

他の曲ならまた好みも変わるかも?だけれど、多分個人的に重厚な音で古典然としたアプローチより、生き生きとしてベートーヴェン本人の感情の振れ幅をその場で見ているような演奏のほうが好きなのだと思う。

で、話は戻って田園。田園という通称は作曲者本人ではなく出版社が後からつけたらしいが、曲の性格を良くとらえているから定着したのだろう、とWikipediaに書いた人に賛成。ちょこちょことさらいながら、要所要所の和音とか主題が変わるところでのp(ピアノ)とか、やっぱり好きだわ~と感動。全楽章は時間的に厳しいと思うけど、終楽章はいつか弾いてみたい。

Beethoven: Piano Sonata No. 1-32, Piano Concertos No. 1-5

シーモアさんと、大人のための人生入門

前々からこの映画気になっていて、子供がいるので劇場には見に行けなかったけどDVDになったので近々注文するつもり。

テクニック論だけでない、人生についての話を色々聴いてみたい。

シーモアさんと、大人のための人生入門 [DVD]

何事も前向きに?

どこに行っても必ず誰か弾いてて被るし、適当なレベルと長さで弾きたい曲が思いつかないし、先生は積極的に勧めないし、、で最近遠ざかっているショパン。人の演奏を聴くのは大好きだけど。

 
それでもブレずに王道を貫く性格ではないので、なら私はいいや、とさっさと降りて毎度違う作曲家を選んでる。
 
いつか弾いてみたい曲なら色々ある。バラードとかソナタとか あと協奏曲を弾いてるとこを妄想するのも好き(笑)あくまで妄想だけだけど。
 
もう一つ、舟歌も。幸せな旋律で聴いてるとイタリアの青い空が頭に浮かぶ。実はこれを以前の発表会の曲に恐れ多くも提案してみたが、ショパンの中でも内容的に最高峰だから厳しいね〜と却下。
 
あとのお楽しみにとっておきなさいとのこと。
 
ん?じゃ、何年後かには弾いてもいいかな⁉︎と前向きに捉えてみる。ま、望むだけならタダだしね。うん、何事も前向きに。