指の体操

趣味のピアノ愛について語る超個人的なブログ

練習記録

ほぼ近況報告

ダウンしてました GW終わりまして、本日から仕事に戻っております。 緊急事態宣言が解除されないうちは基本在宅推奨という職場の方針で、ありがたいことではありますが、運動不足に更に拍車がかかりそうです 連休中に1回ぐらい投稿できたらと思っていたの…

おこもり生活続く。休講中に自由研究でベートーヴェンソナタ 30番全楽章にムリ目な挑戦

そのうちレッスンも再開するだろうと日記のような投稿を続けてきましたが、 緊急事態宣言が続く間は休講との運営会社の方針で、、、、 7都道府県にある私の通う教室も例に漏れず、再開の目途が立っていません。 個人の先生ならばこのような時オンラインレッ…

引きこもり中のストレス解消

コロナの勢い衰えることを知らず、ですが皆様お元気でしょうか。 こちら在宅勤務中心生活になってからもうすぐ1ヶ月が経とうとしています。 単純に余暇時間が増えてラッキーかというとそうでもなく、気分が鬱々としてきてあまりやる気が起きなくなってきま…

暇なんだかよくわからない日常

久しぶりの更新です。 コロナの影響で、私の通う音楽教室も3月前半のレッスンが休講になりました。 不特定多数の人が入れ代わり立ち代わり来て、レッスン室で鍵盤を触ることになるので、、致し方ないですね。 また、夫と私の勤務先も時差通勤・在宅推奨にな…

天まで届かなくても

先週レッスンがお休みだったので書くことも多くはなく、ちょっと間が開いてしまいました。 ベートーヴェンソナタ30番、ある少女に捧げた曲と言われていて、 自分の娘に語り掛けるつもりで弾いていこうか、と以前書きましたが、、 つい最近、知人のお子さん(…

仕上げに向けて

ベートーヴェン ソナタ30番 1楽章 レッスン記録の続きです。 一通り音はさらったけれど、さてこの後どう踏み込んでいいか?? よく分からずのまま先週のレッスンへ行きました。 弾き始めからちょーーーっと待った!!と先生。 無防備に弾き始めるんじゃない…

色の移り変わり

年初1回目のレッスンです。 一通り先生と近況報告してから、ベートーヴェン ソナタ30番1楽章をみて頂きました。 最後まで譜読みはしましたが、まだまだ課題多し。 ペダルの踏み方がなんか気持ち悪いという指摘で、自分でも良くはないと分かっているので、何…

ゆるゆると前進

先々週ハプニングでレッスンに行けず、先週2週間ぶりに受けてきました。 後ろが詰まっているとのことで、あたふたとベートーヴェンソナタ 30番1楽章を見て頂きました。 この大曲、ね。。とまたまたプレッシャー。。いえいえ、負けません✨ この曲、力業は必…

和音、和音。

先週から一応?ベートーヴェンソナタ30番1楽章、レッスン始まりました。 『・・・本当に30番に決めたのかしらね?』と先生のジャブを受けつつ 『・・・一応!』と微笑み返し(これは本番近くまで言われるに違いない。。苦笑) まぁ、負けずに頑張っていきま…

一息ついて、さて、次

発表会終わりました。 今の会場が恒例になってから既に5回以上?は来ているので不慣れからの緊張、はないのですが、自分の番が近づくとやはりあがってはきます。 いよいよ待機場所集合の時間になり、腕時計がわりのフィットネスツールを外そうとふと脈拍を…

本番前最終レッスン

本番前最後のレッスン終わり。 ちょっと弾いて先生とお喋りして、ないつものモードではなく、着いてすぐにハイ通しで弾いて。録音して。 それを小一時間で複数回やったら今日はもうお腹いっぱいなので。。明日会場に出かける前にさらおうと思います。 ベート…

ラゲンハーン ピアノのための指の訓練 弾くことと理解すること

もう本番が目前に迫っていますが、頼んでいた本が届きました。 ピアノのための指の訓練 弾くことと理解すること 作者: アンナヒルツェルランゲンハーン,原田吉雄 出版社/メーカー: 全音楽譜出版社 発売日: 1998/12/10 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: …

自分の演奏の録音聴いても発狂したりはしなかった

発表会を目前に、先日のリハーサル、今週のレッスンと演奏を録音するよう先生の指示があったので、しました。 正直、自分の演奏だの声だのの録音聴くのなど大っ嫌いなのですが(笑)渋々です。 もう録音しただけでそのまま聴き返さなくていいです〜(´-ω-`) …

リハーサル終了

文字通り、発表会のリハーサル終了です。 ぐったりして頭が回らないので、夕飯準備の時間ですが、寄り道して休憩中。 先生が毎年休日返上で希望者の生徒を集めて開催してくださるのですが、これで大体本番前に皆んな目が覚めお尻に火がつくので(笑)良い企…

スピード調節機能壊れる

前回台風で1回飛びまして、久しぶりのレッスンでした。今回もヴェートーベンソナタ3番1楽章です。 諸事情によりホルモン剤を飲んだりで体調不安定な中行ったため、頭が回ってない中通しで弾いたら、折角落ち着きかけたテンポがまた壊れ気味に。 へろへろな手…

何はともあれ練習練習練習

半月前は救いようがないのでは。こりゃ本番無理ゲー?と思われたベートーヴェンソナタ3番1楽章、どうやら少し曲の体を成してきたようであります。一応レッスンで通させてもらえるようになったというところが判断基準なんですが笑笑 そろそろ通させないと間に…

テンポ上がるか問題

先週に続き、踊り場状態が続いているベートーヴェンソナタ3番1楽章です。 今週のレッスンは、久々にひいてしまった喉風邪とその他もろもろ体調不良が重なり、かなり苦しいものになりました(;´д`) 容赦ない教育的指導を朦朧とした頭で聞き、どうにかこうにか…

階段踊り場

前回から少し間があり、久々のレッスンでした。 ベートーヴェンソナタ3番1楽章、仕上がり具合は一進一退。まだテンポ上げるには早すぎる感じ。終わりまで通せた達成感にはまだ長い道のりです。しかもレッスン休みをいいことに、爪を切りそびれていたら、弾き…

走りきりたい

さて、ベートーヴェンソナタ3番1楽章のレッスン&練習記録です。 だんだん追い込み入ってきて先生とのおしゃべりも手短になりました笑 そして指摘が辛口になってきました。。毎度発表会前の恒例行事です。もう持久走のラストスパートで苦しくなってる時み…

試験勉強中の掃除のように

ベートーヴェン ソナタ3番1楽章 今週のレッスンと練習の気づきです。本番ひと月前にリハを企画中と聞いて必死度が増し増し。先生は休み返上して下さるので、有難いことではあります。そこで嫌がってさぼっても本番がぶっつけになって痛い目を見るのは自分な…

本番までカウントダウン開始

急に空気が秋めいてきましたね。まだ夏バテの残骸が身体に残っている感じがしますが、月が変わる頃には慣れるかな~。 気分変えようと思ってデザイン変更しました。少し見た目がすっきりしたと思って頂けることを期待。 さて、ベートーヴェン ソナタ3番1楽…

ぼちぼち順行モード

さて、ベートーヴェン ソナタ3番の1楽章。 書くことができたということは少しはまじめに練習を始めたということであります笑 レッスンはお盆で休み、次回のレッスンの直前に慌てて練習したのでは秋の本番にそろそろ間に合いません。 3番、本当の初期に作曲…

食わず嫌い or 食っても嫌い?いや好き?

ベートーヴェンには絶賛はまり中ですが、ずっと微妙な関係を続けているのは、バッハ。 中高生の時にはちょっと大人になったような気もしてうれしく、インヴェンションを楽しく弾いていたけれど、何曲かを弾いたこと以外、記憶がない(今になってみれば、恐ら…

発表会準備中

結局ベートーヴェンという希望は通したけど、選曲については折れて(笑)先生の勧めに従い、告別の第3楽章に決定。 最初第1楽章~~とアピールしていたものの、とっつきやすいのはこっち!!と第3楽章を提案され、若干消化不良ながら承知。 先生のいう「…

ご披露会終了

田園終楽章の本番終了。 発表会よりかは真面目に練習していなかったので、まぁそうなるわね、位の仕上がりだったと思う(汗。直前一週間くらいは夫にいま○分弾いてくるから子供見てて!!と宣言して無理くり練習していたけど。 弾き始めたらあ~そんなとこま…

田園の続き など

春のプチご披露会に向けて田園の終楽章レッスン中。 平日は教わったことを頭の中で反芻するだけになるのだけど、何も考えずにあー練習時間が〜と思い悩むだけよりかは効果があるらしく、ラストスパートで頑張ればどうにか形を成す位にはなってきた(と言うと…

じゃ、やっていいわよ

田園1楽章、本番終了。 1ヶ月を切るまで暗譜ができず不穏な空気だったけれど、子供と寝てしまい練習できない平日は通勤電車でプロの演奏を聴きながら脳内練習に励んだ⁈ のが功を奏したのか、大事故は起こさずに終えることができた。珍しく先生にも褒められた…

今年もベートーヴェン

田園1楽章のレッスン開始。 手が大きい人でないと厳しい、、と他の生徒さんが言ったとおり、手を8度以上全開が続く箇所が幾つかあるけど、技巧を凝らしたという感じの曲ではないので譜読み自体はすごく苦労はしていない。まだ何が書いてあるかを通し読みた…

ちょい小休止。

脳内練習は継続中。 だけど、最近の寒さも手伝って、平日は子供を寝かしつけたらそのまま爆睡。 夫は帰ってきても気を遣って起こさない(汗。 ありがたく思いつつもあー今日も練習できなかった、、と焦る日もあるけど、睡眠だけはたっぷりとっているのでお肌…

意識すれば

先日本番が終了。 結局子供の病気オンパレードは収まらず、自分も病気にかかり、1楽章を仕上げるだけで精一杯な感じだった。。 当日場慣れからくる緊張感の無さと、あまりの準備不足に半分諦めの境地で開き直って臨んだ演奏ではあったけど、何故か周りには好…